初診受付

泌尿器科、肛門科、外科、内科、放射線科、麻酔科(村上光右)
医療法人社団佑仁会 クリニック津田沼
〒274-0825 
千葉県船橋市前原西2-7-4
電話番号:047-478-5505 FAX番号:047-478-0050

よくあるQ&A

診療についてよくいただく質問を集めました。

Q1.尿が漏れるのですが。

A1.最近尿漏れに効く良い薬が、飲み薬だけでなく貼り薬としても沢山出ております。ぜひご相談下さい。

Q2.EDの相談はできますか?

A2.まず保険証を持って、ご来院下さい。薬も取り揃えております。

Q3.日帰りで手術を受けられると聞いたのですが。

A3.痔・包茎・パイプカットは年間100件以上の日帰り手術を手掛けております。安心して御来院下さい。

Q4.淋病は空気感染するのでしょうか?

A4.淋菌は尿道、膣、直腸、口腔といった体の外に向かって開いている口の内側にある、湿って温かい粘膜に繁殖します。この菌は空気中では死滅してしまいますから、タオルやつり革、ドアの取っ手などから感染することはほとんどありません。

Q5.尖圭コンジロームのできやすい部分は?

A5.尖圭コンジロームとは、皮膚や粘膜部にできる少し赤みがかった軟らかいイボです。好発部位は男女とも性器の周辺や肛門周囲です。

Q6.陰部ヘルペスとは?

A6.新しい型の性感染症です。ウイルスには1型と2型があって、おもに1型が口や唇、舌に感染する口唇ヘルペス、2型が性器に感染するもので陰部ヘルペスといわれています。

Q7.包茎手術は必要でしょうか?

A7.包茎は亀頭が包皮によって包まれているので、たえず湿っていて細菌などの病巣になり、感染症にかかりやすくなります。また亀頭と陰茎の境目の冠状溝にアカがたまりやすく、アカがたまったままの状態でいると、慢性的に炎症を起こし陰茎がんになりやすいため、手術をお勧め致します。手術後の経過を見させていただき、問題が無いことを担当医が確認することは重要なプロセスですので、手術後1週間以内に必ず受診して下さい。

遠方でどうしても術後の来院が無理の場合は事前にご相談下さい。

Q8.処方された薬を同じ症状を持つ他の方に差し上げても宜しいでしょうか?

A8.当医院では患者さんを診断し、その方に合った薬を処方する努力をしています。同じ症状に見えてもその薬が他の方に効果があるとは限りませんので、たとえ家族であっても薬を他の人に譲る行為は避けて下さい。

Q9.女性でも泌尿器科で診てもらうことは可能ですか?

A9.泌尿器科は男性専門の診療科ではございません。女性の方も躊躇されずにご来院下さい。